「らしさ」見つかる場所へ


三豊市内の田舎道を進んでいくと、広く開放的な敷地に、
なんともお洒落な建物が並んでいるのが見えてくる。

カフェのお客様だろうか、カルチャースクールの生徒さんだろうか。
地域の人たちが慣れた足取りで次々と訪れている。
実はこの建物こそ、大河内工務店の本社である。



同社は創業60年以上の歴史を持ち、三豊市を中心に香川県西部で信頼を集めている工務店。
事業は住宅の建築・販売だが、地域の人々が集まる憩いの場を本社に設けたのは、
営業のためでも、集客目的ですらないという。




「家を建てようとしている人を集めることが目的ではありません。
地域の人同士が自然と触れ合い、縁を紡いでいくコミュニティをつくりたい。それが動機です。」



そう話すのは、二代目社長の大河内孝さん。

 「人が集う場をつくりたい」
そんな願いは三豊市を飛び出し、高松市内でもカタチとなった。




2019年3月16日、大河内工務店 高松店がオープン。
何年も温められ、ようやく実現に至ったプロジェクトだ。
香川県産のヒノキをベースにして作られた建物は、高いデザイン性で見る人を圧倒する。
一歩足を踏み入れれば、柔らかく優しいヒノキの香りがふっと漂ってきた。

「高松市内のお客様のために生まれた拠点ですが、本社同様
誰でも足を運べる建物として造りました。
ゆくゆくは街のコミュニティの中心となり、街の賑わいを創出する場所になればと思っています。




同社が手掛ける建物は、どれも心地よい木の香りが漂う。


「香川県に生えるヒノキはゆっくりと生育するため、絶対量が少ない木材。
しかし年輪がきめ細かくてとても丈夫であるため、品質にこだわる当社では積極的に使用しています。
現在手掛けているすべての家の柱と土台は、香川県産のヒノキ製。

香川県内で採れた木材を、香川県内の建築物に使うと、温度や湿度が全く同じ環境なので、
変色も変形もせず、頑丈さと美しさが保たれるのです。」

地元の木材を使うことで、地元の建物はより強く、美しく仕上がるのだ。


大河内の社員らしく、のびのびと働く。

現社長の父 秀夫さんは、伝説の棟梁と呼ばれた人物。
財田町にある木造注文住宅はすべて建てたといわれている。
「少々高いけど、それ以上に、いい家をつくる。」
凄腕の技術者であると同時に同社の揺るぎないブランドイメージを確立した経営者だった。

そんな伝説の棟梁が積み上げたブランドを守りながら、同社は新たな領域にも踏み出している。
従来の注文住宅は、間取りや内装、材料など、
こだわればこだわるほど予算が膨らんでいくのが当たり前だった。

新ブランド『BAUM』は、坪数によって家の金額が決まる定額制。
間取りや内装を予算内で自由に選択できるのだ。
金額に躊躇し、これまでマンションを検討していた顧客層を新しく取り込むことができる。

もちろん、従来路線にも手を抜かない。
今まで通り、家づくりにとことんこだわりたい高級層に向けた注文住宅の建設も堅調である。




そんな同社の勢いを支えるのは、現場で働く社員たちだ。
新入社員を何人も迎え入れる同社にはある特徴がある。
新人の成長が、圧倒的に早いのだ。


一般的に注文住宅の現場では、新人は半年から1年の下積みを経験する。
しかし同社では、入社して3ヶ月程度で、自然と現場の仕事を担当し始めるのだという。

この社員の成長スピードには、大河内工務店の歴史が関係している。

新人には、長く同社の建築に携わってきた職人たちがしっかりと向き合う。
彼らから現場で学ぶことは、机上で学んだだけでは身に付かない「血の通った」経験値として
新人に受け継がれていくことになる。

マニュアルの整備にも注力している。これまでのノウハウをまとめて、
未経験の新人でも手順通り進めればスムーズに現場が回せる体制を整えているのだ。
もちろん慣れてくれば、自分なりの創意工夫も大歓迎。それがレベルアップにつながっている。

とはいえ、無理に詰め込むような仕事スタイルは一切ない。
自然体で成長できる環境だからこそ、社員の働き方にもゆとりがある。
休日休暇は、週休二日。
ワークライフバランスをしっかりとれる環境は、社員のイキイキとした表情を作り出している。

ちなみに同社では、三豊本社で定期的にイベントも開催している。
毎年行われる夏祭りや音楽フェスは、多くの地域の方で賑わうのだという。
そして主催者側として働くスタッフの顔には、いつも笑顔が浮かんでいる。




普段の仕事で疲れきっていては、決して出ない表情だ。
「お宅の社員さんは楽しそうやなぁ…。」訪れる人から頻繁にかけられる言葉は、
社員が充実感を見出している、何よりの証拠かもしれない。




 

夢を実現するチャンスが与えられる会社。


 
祖父が大工だという木浦さんは2011年4月の入社。
小さい頃から住宅に携わる仕事を見てきたため、木の家をつくる仕事に就きたいと考えていたという。
建築の専門学校を卒業後、同社へ入社した。



「もともと木造住宅を手掛ける仕事に就きたいと思っていましたので、
無垢の木を使ったこだわりの家づくりをしている当社はとても魅力的でした。
面接で話をするうちに、そこで働く社員さんの笑顔にも目が留まりました。
仲がよさそうな様子で、入社を決めるまでに時間はかかりませんでした。」

 入社する前に、夏祭りやチャリティイベントの手伝いもしていたという木浦さん。
その時の様子も印象的だったという。

「地域貢献を意識した取り組みをたくさんしている会社だとは聞いていました。
しかし、実際に地域の人が大勢集まる様は壮観で、
これだけの人に好かれている会社なら安心だと思いましたね。
入社後も、その印象は間違っていなかったと確信しています。」
 
現在は、本社店長として店の数字管理や部下への指導など、全体的なマネジメントを行う
役割を担っている。


 

木浦さんの目標は独立し、自分自身で工務店を立ち上げること。
かねてより話を聞いていた社長から後押しを受けて、社内初の店長となったのである。
希望通り、月ごとの集客や売上計画の立案、コスト意識などの経営者として欠かせない経験を
順調に積み重ねる日々を送っている。

「入社してから感じたのは木の温もりだけではなく、社長をはじめ共に働く人の
温かさ。周囲が自分の背中を押してくれる環境はとても恵まれていると感じます。

いつか自分が独立することになっても、大河内工務店のような温もりある組織を
つくりたいと思っています。」

成し遂げたい目標を持っている人なら、大河内工務店はこの上ない環境と言えるだろう。










 
好奇心がキャリアの可能性を広げる。

同社の設計職は、本来の仕事である設計以外にも接客・提案を行う。
2018年4月に新卒入社した岡さんは、もともと設計職として入社した。

「一般的な建設会社やハウスメーカーは、職種ごとに完全分業されています。
ひとつの仕事に縛られず、いろいろなことに挑戦してみたい私にとって、
幅広い業務に携われる当社の設計職はとても魅力的でした。」

設計職からお客様を引き継ぎ、家づくりにおける次のフェーズを担うのが
インテリアコーディネーターだ。家のデザインや配色、電気配線などを決めて
暮らしのイメージを具体化させる。

設計職としてお客様と向き合ってきたからこそ、家づくりにおける次のステップに
進んでみたいという好奇心が岡さんの中に湧いてきた。

岡さんは更なるステップアップのため、インテリアコーディネーターへの部署異動を希望。
会社は快く受け入れてくれた。





家づくりにおける業務を一通り経験することで、今までよりもずっと広い視野で
仕事にあたるようになった岡さん。

「インテリアコーディネーターとして初めて担当した物件の社内検査に立ち会った時のこと。
図面上で配色した家が現場の人の手で本物となり、目の前に広がる光景に感動したことを
覚えています。

家づくりは、関係者すべての手によってカタチになるのだと改めて実感しました。」

岡さんにとって、家づくりのための勉強は楽しいものだという。
休日に外出した先の店や、鑑賞中のドラマに出てくるセット、ふと目に留まった家の外壁材や
テーブルセッティング…日常のすべてが、インテリアコーディネーターとしての学びに繋がっているのだ。





これほど家づくりに熱意を持つ岡さんだが、実は意外な経歴を持つ。

「もともと建築と無縁の学部出身です。

大学3年生の秋を迎え、就活を目前に控えていた頃。
面白くないな、これでいいのかなという思いをずっと抱えていたのです。
転機となったのは、建築の仕事に携わっていた両親からの『建築はやらないの?』という言葉。

勢いそのままに、在学中の大学の建築学部を見学しました。
そのとき、講堂にずらりと並んだ製図版と学生たちの真剣なまなざし、
卒業制作の模型の精巧さに衝撃を受けることに。
大学3年目にして大学を辞め、
改めて他校の建築学科に入学することを決意しました。
両親は驚いていましたが、最終的には応援してくれましたね。

2度目の就活の時には、もう迷いはありませんでした。

会社がいろいろなことにチャレンジしている点と、幅広い業務に携われる環境に惹かれて
大河内工務店を選びました。」

将来を左右する大切な局面で自分の情熱に気づき、新しい世界に飛び込んだ岡さん。
自分らしくのびのびと働ける同社への入社は、まさに『ご縁』だといえるだろう。



1人1人の挑戦心を尊重し、成長するチャンスを惜しみなく与える。
「自分らしく、仕事を楽しみながらイキイキと働きたい」
そんな人にぴったりの会社だといえるだろう。










Data 2021.04.02

株式会社大河内工務店 の会社情報

企業名株式会社大河内工務店
経営理念私たちは、“日本一、気持ち良い工務店”を目指します!

一、 大河内工務店は、伝説の棟梁の技と心を受け継ぎ、お客様の幸せづくりのお手伝いをさせて頂くことを使命とします。
一、 私たちは、お客様の心の声に耳を傾け、身近な親戚のように手間を惜しまず、期待以上の住まいづくりを提供することをお約束します。
一、 私たちは、地域の皆様の幸せと子供たちの未来を考え、「日本一気持ち良い工務店!」を目指します。
所在地〒768-0101
香川県三豊市山本町辻604番地
業務内容道行く人が思わず「見せてください!」
と言ってしまうような家づくりを目指しています。
時代が流れても美しく自然に溶け込む家、それが大河内スタイルです。

■新築注文住宅建設
■リノベーション工事
■リフォーム工事

電話番号0875-63-4920
FAX0875-63-4355
ホームページhttp://www.okochi.co.jp/
設立1953年10月
従業員数22名
代表者代表取締役 一級建築士 大河内 孝
資本金1000万円
売上高13億8000万円(2020年度)

株式会社大河内工務店 の求人情報

応募職種家づくりアドバイザー、設計プランナー、現場監督、インテリアコーディネーター
雇用形態正社員
仕事内容【家づくりアドバイザー】
完成見学会などに訪れたお客様とお話するところからスタートする営業職です。
当社では、案件が豊富にあったため、営業職がいませんでした。
しかし、案件が増加したことで、設計プランナーと営業をこなす社員の負担が増加。
彼らの負担を減らすと同時に、お客様との距離を一層近づけるために
営業を担当していただく家づくりアドバイザーを採用することにしました。

「家を売る」というよりは、お客様のご要望をお聞きし、カタチにしていく仕事です。
当社では、棟上げなどの節目が施主さんにとっての思い出になるよう、
様々なしかけを考えていますので、それらを考えて頂くことも大切な仕事です。

【設計プランナー】
お客様のご要望を具体化し、図面化し、形にしていく仕事です。
デザイン性、機能性、快適さを兼ね備えた理想の住まいを設計してください。

【現場監督】
建設現場における安全・工程・品質・予算の全てを管理します。
材料の手配、職人の手配、スケジュールの管理、お客様や業者とのお打合せなど
建築物の着工~竣工までをトータルで管理する司令塔としてご活躍いただきます。

【インテリアコーディネーター】
室内のしつらえやインテリアなどを中心に、
お客様が望む生活空間を実現していく相談役です。
給与月給 短大・専門卒 18万5,000円 大卒 20万円
勤務地本社(三豊市)、高松支店
勤務時間9:00~18:00
福利厚生各種社会保険、定期健康診断、社員旅行
休日週休2日制、年末年始、夏期、慶弔、有給、パパ休暇、キッズ看護休暇
応募資格短大・専門卒以上 文系・理系は不問です。
採用予定人数3~5名
選考プロセス★『この求人に応募する』よりご応募ください。こちらから詳細をご連絡いたします。併せて新卒の方は説明会のご案内を差し上げます。中途の方は、履歴書および職務経歴書をお送りいただくことになります。★ご不明な点は下記まで遠慮なくお問合せください。
担当者・連絡先0120-63-4920 担当:採用担当
こんな方待ってます下記の中で一つでも「自分に当てはまる!」と思った方、
あなたが当社の求める人物です。

・当社の考え方に共感してくれる方。
・向上心を持って、色々なことに挑戦できる方。
・多能な人材になりたいと思っている方。
・いろんな趣味を持っている方。
・イベントの企画をやってみたい方。
・人に楽しんでもらうことが好きな方。
・誠実で気持ちの良い対応が出来る方。
などなど。

これ以外にも「私には、こんないいところがあります!」
という人はぜひお越しください!
備考あなたは、どんな人材に成長したいですか?
もし、「これだけを極めたい」と思う気持ちが強いなら、
当社とは相性が悪いかもしれません。

大河内工務店は、あらゆる仕事を
マルチにこなせる人材を育てる会社です。

私たちが育てたい人材は、
「現代の棟梁」と言えるようなマルチの能力を保有した人材です。
そのため現場監督だけでなく設計やお客様対応、
コーディネーターだけでなく設計やお客様対応、
事務だけでなく広報などあらゆる職種を経験し、
環境に適応できる「強くて優しい」人材を育てています。

チャンスは、豊富にありますし、失敗をとがめたりはしません。
楽しんで挑戦できる環境も用意します。
将来、独立したい人だって歓迎です。
「成長したい」という想いをお持ちの方、お待ちしています。

この求人に応募する

ホームページはこちら